我が家の息子の成長の記録と、ドタバタ日記!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/24(水)06:52
奈良県桜井市で起きた 児童虐待餓死事件ですが、その後 妻と二人で うちが知っている状況を

話しに  最寄りの警察署に行きました。

そしたら なんと 取り調べ室に連れていかれました(笑)

3年前の状況や、 マスコミに報道されていること で 違うことや されていないこと

知らせたのですが ぜんぶ 情報入っているとのことでした

スポンサーサイト
2010/03/09(火)20:43
男児餓死事件 まだ ショックの傷がいえません。

普段は 息子の成長記録がメインのブログなんですが

しばらく こちらの話題をメインにさせていただきます。



この事件の発覚後 

ずっと 妻と どうして 気付かなかったんだろうと何度も話ししています。


3年前 この事件の母親とほとんど毎日顔を合わしていました。

妻は 毎回 子供の話しを楽しそうにおしゃべりしていました。

ちょうど そのころ

家のむすこが 言葉の発達が遅いのとおかしな行動(ところかまわず後ろに思いきっり倒れる)のがみられた

ため

出産前から 親身に関わってくれている 市の保健師さんに相談し

検診の時

発達検査を受けることができ 

その後 専門医の受診

児童デイサービスでの療育教室 感覚統合などのリハビリへとつながっていったんですが

事件の母親からも 妻は うちの息子と同じように

「言葉が遅い」などの発達の相談を受けていたそうです。

妻は 一応 保健センターで検診の時 対処してくれると アドバイスしていました。

夫の借金で家庭にお金をいれてくれないことも言っていたそうです。

でも うちの 引っ越しもあり そのままになっていました。

後日 どこかで 偶然 あったとき

「子供を預かってくれるとこを知らない?」と聞かれ

市内で1か所しかない「民間の託児所」を教えたそうです。

それが たぶん したの子供だけ行かせていた「託児所」でしょう。

ここからは

私の推測にすぎませんが

3年前 子供に何らかの発達障害があったが どうしたらいいのかわからず

放置していた。

夫の不仲、 下の子供の可愛さもあり

ほかの子供と様子が違う息子がだんだん憎くなり

せっかんするようになった。

そのうち 罰として 食事ぬき 罰として 怖くて一人ではおりれない

高いところにある ロフトに監禁

どんどん エスカレートしていったのではと思います。

祖父母に合わせなかったのは

最初のころは 

合わすと あきらかに 発達がおかしい ことが分かってしまうから合わせなかったのではないでしょうか。


私たちの 親世代は

まだ まだ 障害に理解のない 人たちが多いように思います。



家も 当初 隠していましたから・・・・・






2010/03/05(金)19:44
昨日も書いた「桜井市児童虐待事件」で

我が家で 今日 新たに

新事実発見!


なんと 知人だったんです。

 あの かわいそうな○○くんが 生まれる前に 家でいらなくなった

息子の服や、メリー、クーハンなんか あげたりしてたんです。

あの 当時は 初めてできる 子供を それは 嬉しそうにしていたんですけど

まさか まさか  こんな 事件に発展するとは・・・・

妻は あのとき こうしてあげたら こんな事件にならなかったのでは・・・・

と  後悔しています。

あまりにも ショックでこれ以上は・・・

すみません<(_ _)>








2010/03/04(木)11:36
奈良5歳児餓死・・2か月朝食だけ体重1歳児以下(Yomiuri Online)


私の住む奈良県桜井市で昨日 いたましい 事件が発生しました!

「5歳児が餓死」

今 社会問題化している 児童虐待事件です。

まさか すぐ近所でこんな事件がおこるとは 思いもしませんでした。

しかも 体重6キロなんてありえん!

息子は 6歳で体重は20キロちょい なんで ほぼ 3分の1ですか!

なんか 身近で 児童虐待の話は聞いたことがなかったんで あまり実感がわかなかったんですが

被害児と同じ年代の子供を持つ親としてひとごとじゃないんですよね!

発達はどうだったかは分かりませんが 5歳というとある程度のことは わかってくる年齢です。

自分の親に 「食べ物」もろくすっぽもらえない    その上 虐待?

 妹には きちんと育児をしていたのに 兄になる被害児だけ このような目にあわせるなんて

 子供がかわいい 私には理解できません。 

 この子が生きた5年間はなんだったでしょうね!

かわいそすぎて これ以上 書けません。



このような事件が起きぬよう 私も何かしなくちゃ
という思いでいっぱいになっています。



とりあえずは 考える!




新聞やニュースでは 市や県はまったく把握していなかった・・・とありますが

いたしかたない部分と「やっぱり」と思う部分と重なってあります。

うちは 子供が生まれる前から 市の保健師や県のワーカー、保健師に関わってもらっていましたんで

よくわかるんです!

ここ近年の 市の担当課の対応なんかみてたら 「やっぱり」としか言えないんです。

この事件をきっかけに あまり 重きをおいていない 「子育て」の分野に市がもっと力をいれるようになって

くれたら うれしいんですけど・・・(多分 なにもかわらん・・)




なくなった 子供さんの冥福を祈りたいと思います。





あ、それから 多分 この事件で 大忙しだろう 

以前からお世話になっている地域担当の 某保健師さん

がんばってくださいね!(とってもいいひとなんです!)








ブロとも申請フォーム
クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

RSSフィード
最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター

ブログ内検索

プロフィール

ニコニコ

Author:ニコニコ
精神障害者の妻と、11歳の息子と3人で仲良くくらしています。
息子は、もう小学6年生 たくましいお兄さんになりました!
でも・・・発達障害があるんですできないことがまだまだいっぱい!
 これからの息子の成長を楽しみにしているだめな父親が綴る
そんな、我が家のドタバタ日記をお楽しみください。

FC2アフィリエイト
PR

 | 今日もサイダーいっぱい!TOPへ | 
Copyright © 今日もサイダーいっぱい! All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。